スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6年目。

あれから6年。
もう6年。
直接あの地震を体験したけれど、
津波の被害はなかったから、
それ程の思いがないのか、
日常に戻っている感じがする。
実際の被災地はまだまだ戻ってはないのだけれど。
あれだけの被害があったけれど、
世間ではもう過去の出来事になってしまっている。
毎日毎日世界のどこかで悲惨な出来事は起こり続けているのだから、
仕方がないことだが、
本当はまだ何も終わっておらず、
収束の道筋すらわからないのだが。
本当にこのままで良いのかという思いもあるし、
結局また悲惨なことが繰り返されないことを祈るしかないのかもしれない。

みんないつかは死ぬのだから、
好きなように生きるのが良いのか、
天に運を任せて、
なた過ぎ去るのを待つ方が良いのか。
何にしても、
あの震災があったこと、
あの震災で感じたことを、
心に残しつつ、
日々を生きていくことにしよう。
6年経ったと思ったってことは、
6年生きているってことでもあるのだな。
スポンサーサイト

この世界の片隅に

久しぶりに映画を見た。

伊集院光とらじおとで監督の片渕須直氏が出ていて、
この映画のことを伊集院光氏と話していた時に、
縁の話もしていて、
梅田の映画館でも上映しているので見に行った。

のんの演技が神がかっているとか、
生き方が胸に突き刺さるとか、
色々言い方はあるんだろうが、
なんというか、
ああ、見て良かったなと、
ハッピーエンドとは言えないかもしれないが、
あの時代のああいう状況は本当にこの日本にあったわけで、
そこから今の時代は全く想像できないんだが、
そういう片隅の日常を切り取って見てみると、
こんなにも心に響く物語になるんだなあと思った。
そしてそれは今のこの世界の片隅に生きている自分にももしかしたらある状況なのかもしれない。
なんてことも思ったりした。

この映画自体の出来が良いというのも勿論あるんだが、
この映画の状況がとても良いと思って、
見た人が純粋に良い映画だと思って、
他の人にも見られるようにと本当に口コミで良さが広まり、
上映館も増えていくという、
映画のような状況で良い作品が広まって行った。
繋がりであり、
縁である。
その先に僕も繋がったというのが何か嬉しい。
作品に対して嫌いだとか下手だとかいうのは簡単で、
嫌いは簡単に積もっていくんだが、
好きというのを伝えるのは大変難しく、
何回言っても雪のように消えてしまう。
その中でじんわりと好きが積もって、
作品が多くに人の目に止まることができたことは、
本当に奇跡のようなことだと思う。
人がこういう思い出繋がれるんだったら、
まだ大丈夫なのかなと思わされた。
やっぱり駄目だ駄目だばっかりじゃなくて、
好きとか面白いとか、
そういう情報が溢れてくれた方がいい。

まだ見ていない人は是非。

歯茎痛

歯茎痛。
土曜に前歯を酷使。
一週間程違和感を感じて、
一週間後の月曜ごろに歯茎が膨れ始める。
木曜の夜にマックスまで肥大。
寝ている間に爆発。

何度か歯茎痛(歯茎に炎症を起こして膿が溜まる状況)になったが、
歯茎自体の痛みはそれ程でもなくなった。
歯医者に行っても抗生物質と痛み止めをくれるだけで、
抗生物質も効かない(結局膨らんで膿が出るまでの状況は同じ)。

根本的に治すには差し歯をとって掃除をするしかないんだろうが、
既に下の歯(土台?)が物凄く小さいので(なぜあんなに小さくしてしまうのだろう)、
次も挿し直せるのかわからないのが怖い。
ストレスでもなるようだが、
前歯に負担のかからない食べ方をするしかない。
豆腐とかプリンとかで生きていこう。

22年。

22年。
さすがにどんどん風化している、
と思いきや、
日本には色々な災害が襲ってくるわけで、
その度に思い出されるのが22年前の出来事になる。
直接的な被害がなかった人々にとって、
22年前ともなるともう昔の話になってしまうのは仕方がないが、
あの出来事を教訓として国や県の防災や災害対策を行ってもらうのは勿論だが、
自分自身も災害についてどう対策していくのかを考えておかなくてはならない。
とはいえ、
やっぱり何もしてはいないけれど、
折に触れて考える機会として、
あの時のことを思い出そうと思う。

5年目。

もう5年という、
まだ5年というか、
中途半端な感じがする年月だな。
今年はもう3か月って感じだが。

あの日(STAP細胞とは関係なく)のことはまだはっきりと覚えている、
とも言い難い感じ。

5年経ったが、
被災地は今も更地で、
原発問題の解決は何時になるかもまだわからない状態(完全にコントロールされているらしいが)。

人口からみた神戸の復興に、
震災後の復興の様子の写真が載っていた。
5年も経ったらもう元通りかと思ったんだが、
思ったよりも進んでいなかった。
今回は津波の問題でもっと難しい問題だろうし、
遅々として進まないところもあるのだろう。

関係ないところに住んでいる僕は、
通常運転で生きている。
一生忘れることはないあの出来事も(ボケなければ)、
薄れゆく記憶になるのは致し方ない。
そうやって人は生きていくんだろう。

ただ今日この日はやはり思い出して生きていこう。

21年目。

流石に21年目ともなると一昔という気がするな。
成人が知らないわけだから。
相変わらずこの日になると風化風化ということになるけれど、
もういいだろうという気もしてくる。
勿論忘れられない出来事だし、
ふとした時に思い出すことではあるし、
地震の備えというのは必要だが、
身内を亡くしていない僕にとっては、
まあこんなものだろうという気もする。
人生は大きく変わったとは思うけれど。
どうせ忘れろって言われても忘れられないわけだし、
頭の片隅に残り続けて生きていくんだろう。

今日の朝ごはんは何食べたか覚えていないけどね。

4年目。

東日本大震災から4年が経った。
今もあの時のことははっきりと覚えている、
とは言えないが、
覚えている。
あの時僕自身は特に被害はなかったが(レンジは壊れた)、
その後2週間は水のない生活だった。
電気とガスがあったのは救われたけれど。

その後僕は東北を離れることになったので、
もうあの地震は他人事ではある。
でもあの地震で僕の人生がまた少し変わったこともまた事実。
多くの人に影響を与えたことに比べれば些細なことかもしれないが、
やはり重大な出来事ではある。

当事者にとっては今もその被害の最中だが、
そうでなければあの地震は過去のもの。
あとは日々の普通の生活になっている。
風化させてはならないと当たり前のように言われるが、
僕は忘れていくのは仕方がないと思う。
人は忘れることで生きていくのだから。
地震と津波と放射能に対する教訓は忘れてはならないだろうけれど。

でも今日という日、
3/11には東日本大震災を思い出そうと思う。
そしてまた日常を過ごしていこうと思う。
それがあの地震を体験した一人としての思いである。

3年。

3年目。
もう3年。
それともまだ3年なのか。

僕はまだ3年と言う気がしている。
今年はもう3ヶ月過ぎたと思ってるのに。

あの日のことはまだはっきりと覚えている、
とはっきりという事は出来ない。
記憶は薄れてきている。
それだけ僕にとって悲劇的なことが起きたわけではなかったからだろう。
確かにあの後の生活は少しだけ大変で、
あの事がきっかけになって僕の人生はまた大きく変わることになるのだが、
あの日の出来事が忘れられない1日と言うわけでもない気がする。
人生の中で結構大きな出来事の1つと言う感じだろう。

阪神・淡路大震災でもそうだが、
あの日の出来事を忘れてはならない、
と言う風に僕は思わない。
直接的に被害があった人々にとってはそれはそうだと思うが、
そうでない人にとっては他人事にすぎないからだ。
僕はそれでいいと思う。
神が人に与えた最高の贈り物は、
忘れる事なのだから。

でも今も多くの人が苦しんでいる。
この状況が一刻も早く改善されるようにとは思う。
全ての人が地震の呪縛から逃れることは無理かもしれないが、
その人の数が少なくなるようにとは思う。

最後に。
民放ではゴールデンタイムにどの局も地震特番を組まれていなかった。
別に悲しみにくれる必要はないが、
その程度の感覚しか無いのだなと思わされた。

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

19年。

19年と言うこの区切りの良い年に、
あの場所に行ってきた。
何処に何があったかはもうあまりはっきりとして来なくなったが、
あの場所はあの場所のまま、
変わらずに其処にあった。
こんなに狭かったのかと相変わらず思った。
あの場所はあの場所のままだったが、
周りは開発が進んでいて、
あの場所だけ時間が止まったようにも感じた。
それは自分の心の中を表しているのかもしれない。

その後、
神戸市役所の近くの東遊園地に行って来た。
昼過ぎに行ったが、
結構な人が集まっていたのに少し驚いたが、
この日はやはり特別なものと思っている人がまだまだ居るということなのだろう。
もちろん多くの人はそれを思いながら、
またそれぞれの日々を送っているのだろう。
あの頃とは比べ物にならないくらい町はかなり変わっていて、
新たな高層ビルも立ち並んでいる。
神戸という大都市だからここまでになったのかは分からないが、
東北の沿岸の19年後がどうなっているのか、
思いを馳せずに入られない。
そして原発がどうなっているのかにも。

色々と考えることはあるが、
取り敢えず南京町で中華を食べて帰った。

ios7 アイコン

icon.png (320×480用) 57×57
icon@2x.png (640×960用) 114×114
icon-small.png (320×480 Spotlight用) 29×29
icon-small@2x.png (640×960 Spotlight用) 58×58

iTunesArtwork (320×480 app store 拡張子なし) 512×512
iTunesArtwork (640×960 app store 拡張子なし) 1024×1024

icon-80.png 80x80
icon-120.png 120x120
Twitter
検索フォーム
プロフィール

ぴっぷ

Author:ぴっぷ
FC2ブログへようこそ!

グーバーウォーク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
Amazon商品一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
アドワイアーズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。